国内レーザー加工品と中国のレーザー加工品に差は有りますか??

|間違いなく大きな違いがございます!   コストを度外視できる場合=繊細&微妙でシ...|国内レーザー加工品と中国のレーザー加工品に差は有りますか??|3Dクリスタル|記念品.comのFAQ 間違いなく大きな違いがございます!
 

コストを度外視できる場合=繊細&微妙でシビアな要求にお応え出来るのは国内レーザー加工品です・・・が、特に小数の3D立体加工の場合には尋常ではないほど高額になりますのでお勧めいたしません。中国製の3Dクリスタルが現実的と思われます。
 

★なお、短納期で単品から小ロットの場合には3Dレーザー(立体加工)ではなく国内の2Dレーザー(平面加工)が適しております。
 

最も大きな違いについて・・
中国の3Dレーザーマーキングの機械は『made in China』の機械です。
★弊社がご提案する国内レーザー加工品の3Dレーザーマーキングの機械は
『世界最高レベルのドイツ製』の機械になります。
コストを無視すれば全てにおいて精度が全く違うことは間違い御座いません。
 

★違いが出にくい部分=英数テキストの大きめの文字列はパッと見ただけですと差があるようには見えにくいです。(それでも歴然とした差はあります。)
 

★はっきりと差が出る部分=きめ細かな加工精度、正確な3D形状表現、丁寧な仕上がり感、3Dの質感、日本語文字対応能力など。
 

★中国レーザー加工製品の特徴=3D精度=どんな物でも、『何となくそれっぽい』感じの3D形状に仕上げてはくれますが・・日本人的な几帳面さは全く感じられません⇒・・つまり、ある程度の妥協が必要になってまいります。(★弊社では複数社以上の中国クリスタル製品を発注した実績が御座いますが、どこの工場で作成しても、あまり変わりは御座いません、国内加工に比べますと明らかに荒い仕上がりになります。)
 

★中国レーザー加工製品のメリット=価格が大きな魅力です。国内レーザー加工の製品と比較すれば数量が大量になればなるほど価格の違いは歴然です。 

日本国内のレーザー加工の場合で小数の場合には尋常ではないほど高額になりますのでお勧めいたしません、また日本国内のレーザー加工で無理にコストダウンをしようとすると3Dデーター作成費用にも少なからず影響しトータルでの精度低下につながりますのでこれまたお勧めは出来ません。

 

備考1=中国製も国内レーザー加工品もお時間に余裕があればあるほど良いものが出来ますが、時間をかければ中国製品でも日本国内レーザー加工に匹敵するものが出来るか否かといえば・・・匹敵することは御座いません、似て異なるものとお考え下さいませ。
 

備考2=コスト重視の場合で中国製でも極力シビアな要求をしたい場合には寸法線の入った図面+CI規定等と余裕の有る納期(最低2ヶ月以上)が必要です。

備考3=国内加工品の場合にも特にシビアな要求をしたい場合には寸法線の入った図面+CI規定などと余裕の有る納期が必要です。#明確な基準と作業に必要な時間が無いとシビアなご要望にはお応え出来ません。

注=国内レーザー加工の場合でも問題が出やすいケースとして、ガラスの中のオブジェクトが正確な円柱形状や立方体などの形状で精度が低下することが御座います、例=特に精度の高い仕上がりが見込めるのは正面から見た方向からの加工になりますが、正面の仕上がりに比べ側面などは形状、ラインの有無、文字入れの有無により著しく精度が低下することが御座いますこと、ご了承下さいませ。なお、同種の3Dをご希望の場合で企業用途の場合にはコストダウンをご希望いただく場合が非常に多い傾向に御座いますが、そのような場合にはご要望内容によっては中国製の方が適している場合も御座いますので都度ご相談下さいませ。

なお、短納期で小ロットの場合には3D(立体加工)ではなく2D(平面加工)が適しております。3Dの場合は特にコストと納期がネックになってまいります。超短納期で超ローコストですごく良い物が出来れば最高なのですが・・・より良い物を望むには時間とコストが必須となります。

ページトップへ

ご利用に関するご案内

ご利用に関するご案内 返品・交換について 個人情報の取り扱いについて お支払い方法について 送料について お問い合わせメール